よくあるご質問(食事管理編)

Q:「食べないダイエット」じゃ、ダメ?
A:「単品ダイエット」や「量を減らすだけのダイエット」で一時的に体重は落ちますが、すぐに体重は変化しなくなってきます 。摂取カロリーを急激に減らすと、少ないカロリーでも活動できるよう、カラダの代謝が下がるか らです。

また脂肪を燃焼させるためのビタミン・ミネラル・たんぱく質が不足していると脂肪が燃焼されず、筋肉が減っていきます。代謝が下がったまま以前 と同じように食べていると、それまで以上に太りやすくなり、あっという間にリバウンド・・・。脂肪ばかりが増えていきます。

自己流の無茶なダイエットで、ご経験ありませんか?

Q:食事を作ったり考えたりが難しくない?
A:今まで通りの食事量を半分にすることからはじめていきます。

食事表を記入していただきますので、そこから食事内容を見て、アドバイスさせていただきます。全然難しくありません。

Q:水はたくさん摂らないとダメ?
A:カラダは約60パーセントが水分です。カラダの中の老廃物をスムーズに排出する為には、水は1日平均2リットル必要です(目安は体重(キロ)の30分の1リットルです)。

なお食事中の飲み過ぎには注意してください。消化液が薄まって消化機能が低下し、大切な栄養素がカラダに吸収されずに排出されやすいです。

毎食30分前にコップ1杯、その後食事と食事の間を中心に、
夕方くらいまでに2リットル飲み終えてしまうのが理想です。
お酒・コーヒーなどカフェイン入り飲料は水に数えません。

Q:低カロリー食品なら、たくさん食べてもいいですよね!?
A:こんにゃくや海草などの低(ロー)カロリー食品をたくさん食べて普通の食品を減らせば、
確かに摂取カロリーは減らせます。

ただ胃袋を満足させるだけの量を食べてしまうと、胃袋のサイズが変わらないので、
通常の食事に戻したとき「必ず」リバウンドします。

Q:どうして炭水化物は太るの?
A:炭水化物と脂質はカラダのエネルギー源です。炭水化物をエネルギーに変えるためにはビタミンB群などが必要なのですが、分解するために必要なビタミンが少ないと、脂肪として貯蔵されてしまいます。少ししか食事を摂らない人でも、炭水化物ばかりの食生活だと太っていきます。ご飯・パン・麺類ばかりの生活は控えましょう。

Q:乳製品は太りやすいの?
A:乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルトなど)は、脂肪分豊富です。脂肪分を食事からたくさん摂ると、それだけでエネルギーが足りてしまい、カラダに蓄 積されている脂肪を燃焼してくれません。効率よく脂肪を燃焼させるためには、エネルギーに変わる糖分・脂肪分・炭水化物の摂取を減らし、足りない分はカラ ダにある脂肪を燃やしてエネルギーに変えていくようにしましょう。

Q:サプリを摂ったら食事は抜いてもいい?
A:サプリメントはあくまでも補助食品です。ダイエットをしている間、食事で補えない栄養をサプリメントで補うものです。しかし、ダイエット後に食事を今まで通りに戻すとリバウンドしがちです。ダイエット中に食生活を改善していくことが重要です。

コメントを残す