よくあるご質問 (Q&A)

●整体マッサージ
Q:どんな効果があるの?
A:
◯血液・リンパの循環が改善されます
◯筋緊張・痛みが緩和されます
固くなった組織を柔らかくし、筋緊張や痛みを和らげます。
◯関節可動域の維持・拡大
関節運動法やストレッチで、関節可動域の拡大と日常の生活動作向上を目指します。

カウンセリング編
Q1:「食べないダイエット」じゃダメ?
A1:「単品ダイエット」や「量を減らすだけのダイエット」で一時的に体重は落ちますが、すぐに体重は変化しなくなってきます 。摂取カロリーを急激に減らすと、少ないカロリーでも活動できるよう、カラダの代謝が下がるからです。また、脂肪を燃焼させるためのビタミン・ミネラル・たんぱく質が不足していると脂肪が燃焼されず、筋肉が減っていきます。代謝が下がったまま以前と同じように食べていると、それまで以上に太りやすくなり、あっという間にリバウンド・・・。脂肪ばかりが増えていきます。自己流の無茶なダイエットで、ご経験ありませんか?

Q2:ダイエット期間はどのくらいですか?
A2:神戸美人ダイエットの目的は「
結果を出す」ことです。平均3ヶ月かけて行います。短期間すぎるとリバウンドしやすいです。

Q3:ダイエット後はサプリメントを摂らなくてもリバウンドしない?
A3:食生活がきっちり改善できていれば、リバウンドすることはありません。

Q4:アレルギー・花粉症は治るの?
A4:体調のいい変化があるという方はたくさんいらっしゃいます。その中で、花粉症やアレルギーが改善された方もいらっしゃいます。

Q5:体質が変わるってどういうこと?
A5:体質を作っているのは、私たちが毎日食べているものです。神戸美人ダイエット後には、今の体質(太りやすい体質)とは違う、太りにくい体になっています。

Q6:痩せるのはいいけど、お腹や顔のしわ・たるみは大丈夫?
A6:大丈夫です。カラダに必要な栄養分を補えば、逆にハリやツヤがでてくる方がほとんどです。無理なダイエットはカロリーを減らすだけでなく、栄養分も減らしてしまっているので、お肌への十分な栄養が行き届かず、やつれたような状態になってしまいます。

Q7:プロテインを飲んだらマッチョにならない?
A7:マッチョになるには相応のトレーニング・時間・努力が必要です。プロテインを飲むだけでマッチョにはなりません(なれません)。普段の食事から良質のたんぱく質(アミノ酸)を摂ろうすると脂質オーバー・カロリーオーバーになりがちですが、プロテインなら低脂質・低カロリーで、通常28日周期で生まれ変わるお肌のハリ・ツヤにも大変効果的です。

Q8:薬を併用してもいい?
A8:処方されているお薬があれば、かかりつけのお医者さんに確認してみてください(糖尿病・低血糖症の方、妊娠・授乳中の方、心・腎・肝臓疾患のある方は必ず確認することをおすすめします)。

Q9:サプリメントを摂りすぎてカラダに悪影響はない?
A9:摂って健康になることはあっても、害になることはありません。食事の一品と同じように考えてください。摂りすぎて不要な栄養分は、排泄物と一緒にでていきますが、「現代の食生活で栄養を摂りすぎている」ということはほとんどありません

Q10:食事を作ったり考えたりが難しくない?
A10:今まで通りの食事量を半分にすることからはじめていきます。食事表を記入していただきますので、そこから食事内容を見て、アドバイスをします。難しくありません。食生活が改善することで、リバウンドしない体質へ変わっていきます。

Q11:意思が弱いので続けられるか心配
A11:そのために神戸美人ダイエットがしっかりサポートいたします。モチベーションを維持しながら、楽しんでダイエットに取り組めます。痩せたい!という気持ちがあれば大丈夫です。今までの失敗は、方法が間違っていただけです。“ダメな自分”を責めないでください。

Q12:サプリメントは何故食前なの?
A12:満腹中枢は食事をしてから大体15分~20分くらいで、満腹感を感じるように指令を出します。サプリメントを食前に摂ることにより、満腹感がより早く感じるようになりますので、食事の15~20分前に摂っていただいています。

●管理編

Q13:水はたくさん摂らないとだめなの?
A13:カラダは約60パーセントが水分です。カラダの中の老廃物をスムーズに排出する為には、水は1日平均2リットル必要です(目安は体重(キロ)の30分の1リットルです)。なお食事中の飲み過ぎには注意してください。消化液が薄まって消化機能が低下し、大切な栄養素がカラダに吸収されずに排出されやすいです。毎食30分前にコップ1杯、その後食事と食事の間を中心に、夕方くらいまでに2リットル飲み終えてしまうのが理想です。この際お酒・コーヒーなどカフェイン入り飲料は水に数えません

Q14:低カロリー食品なら、たくさん食べてもいいですよね!?
A14:こんにゃくや海草などのローカロリー食品をたくさん食べて普通の食品を減らせば、確かに摂取カロリーは減らせます。ところが、胃袋を満足させるだけの量を食べてしまうと、胃袋のサイズが変わらないので、通常の食事に戻したとき必ずリバウンドします

Q15:どうして炭水化物は太るの?
A15:炭水化物と脂質はカラダのエネルギー源です。炭水化物をエネルギーに変えるためにはビタミンB群などが必要なのですが、分解するために必要なビタミンが少ないと、脂肪として貯蔵されてしまいます。少ししか食事を摂らない人でも、炭水化物ばかりの食生活だと太っていきます。ご飯・パン・麺類ばかりの生活は控えましょう。

Q16:乳製品は太りやすいの?
A16:乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルトなど)は、脂肪分豊富です。脂肪分を食事からたくさん摂ると、それだけでエネルギーが足りてしまい、カラダに蓄積されている脂肪を燃焼してくれません。効率よく脂肪を燃焼させるためには、エネルギーに変わる糖分・脂肪分・炭水化物の摂取を減らし、足りない分はカラダにある脂肪を燃やしてエネルギーに変えていくようにしましょう。

Q17:サプリを摂ったら食事は抜いてもいい?
A17:サプリメントはあくまでも補助食品です。ダイエットをしている間、食事で補えない栄養をサプリメントで補うものです。しかし、ダイエット後に食事を今まで通りに戻すとリバウンドしがちです。ダイエット中に食生活を改善していくことが重要です。

●基本編

Q18:耳つぼってどんなことをするの?
A18:耳のつぼに小さな粒を貼り、食欲をグングン抑えます。弱い刺激を長時間与え、鍼(ハリ)の痛~い一瞬の刺激と同じ効果を出します。神戸美人ダイエットでは、鍼は一切使用しません。

Q19:食事制限はありますか?
A19:基本的に何を食べてもいいのですが、量を控えて頂きます。

Q20: カウンセリングを受けたいんですが、いつ行けばいいですか?時間はどのくらいかかります?
A20:電話ご予約ください。1時間くらいみていただいております。