「○○だけ(食べれば痩せる)ダイエット」じゃ、ダメ?

カラダに取り込むエネルギーに対し、消費するエネルギーが少なければ、エネルギーはカラダにたまります。何かを食べるだけ、何かを摂取するだけで痩せることは不可能です。少なくとも私たちは知りません。

脂肪を燃焼させる栄養が不足していると脂肪が燃焼されず、筋肉が減っていきます

単一の食品では栄養が極度に偏ります。まず血糖値が下がります。すると血糖値を戻すため、副腎からホルモン(コルチゾール)が分泌されます。結果血糖値 は戻りますが、血糖値を戻す(上げる)際使われる糖質は、主に肝臓と筋肉から供給されます。栄養の偏った食事からは充分な糖質が供給出来ない(偏っ て少ない)ため、筋肉をたんぱく質として分解し、エネルギー源にするからです。

筋肉を減らす無茶なダイエットは、「代謝の低いカラダ」をつくります
筋肉の量が減少すると、カラダの基礎代謝が低下してしまいます。
皮肉にも、「痩せにくいカラダをわざわざつくり出している」状態です。代謝が下がったまま以前 と同じように食べていると、それまで以上に太りやすくなり、脂肪ばかりが増えていきます。酷に言うと、やらなかった方がまだマシな結果に・・・。自己流ダイエットで、経験ありませんか?

ただのカロリーオーバー
「カラダにイイもの」それぞれは素晴らしい食品であっても、これまで通りの食事(痩せない食事)にプラスする食べ方だと、ただのカロリーオーバーになることがほとんどです。

一時的に体重は落ちますが、すぐに体重は変化しなくなってきます
カラダに取り込むカロリーに対し、消費するカロリーが少なければ、カロリーはカラダにたまります(=太ります)。生活を変えずに(消費エネルギーを増やさずに)何か特定の一品を食べるだけで痩せることはあり得ません。本人は「カラダに良い」ことをしているつもりでも、ほかの食品を減らさなければ当然エネルギーの過剰摂取になってしまいます。太るか太らないかは、「食べたもの全体のエネルギーと消費エネルギーのバランス」で決まることを常に意識しましょう。お金の「収入」と「支出」に例えると分かりやすいかも知れません。貯金=体脂肪をどう考えるかが分かれ目です。

 

 

参考:フードファディズム―メディアに惑わされない食生活』, 023ページ
“ダイエットは少なくとも健康の維持と増進に貢献するものでなければなりません。”  出典:『太らない教室』, 6ページ
誠in(神戸美人ダイエット)の理念